子供の成長と保育園と幼稚園 、虫歯予防と動物とのふれあい

子供の成長と保育園と幼稚園

子供が産まれ、3歳ぐらいになるとそろそろ幼稚園と保育園を考え始めるころだと思います。

育児休暇は二年という会社も多いため、二歳で保活開始という方も多いと思います。

今は保育園不足で待機児童が増えているというニュースもよく聞きますが
保育園と幼稚園の違いはなんでしょうか?

保育園がいっぱいなら幼稚園に入れればいいじゃないか?
なぜそうならないのでしょうか?

(保育園)
・就労など、日中保育できない親に代わり「保育」することが目的である
・保育時間が長い
・保育料が所得に応じる
・認可保育園と無認可保育園がある
(認可は治自体が決めた保育環境が整っていて、保育料の援助があるために安い)
・保育を担当するスタッフは「保育士」である
・入園できる年齢が0~6歳であり、幅広い
・親参加のイベントが少ない

(幼稚園)
・「教育」が目的である
・保育時間が短い
(時間外保育を行っている幼稚園も増えてきたが、保育園より短い)
・保育料が一律
・私立の幼稚園の場合、カリキュラムが幼稚園により異なる
・保育担当するスタッフは「幼稚園教諭」である
・入園できる年齢が3~6歳
・親参加イベントが多い

以上の違いを見てみると、
「保育時間が短い」「親参加イベントが多い」
ということで、しっかり働く親は幼稚園が難しいのです。

しかし、女性の就労希望者が多いこととと、
過酷な労働条件が多いなどで保育士と
用地が確保できないことから保育園を新しく作ることが難しいのです。

パートなどで就労条件に融通が利く職場ならば、
幼稚園でも大丈夫でしょう。

しかし、幼稚園も治自体により、数が少なくて入園できないこともあります。

保育園にしろ、幼稚園にしろ、早めに入園に向けて動き出した方がいいでしょう。

虫歯予防

虫歯予防のコツはなんでしょうか?

フッ素やキシリトール配合の歯磨き粉で磨けばいいの?

いいえ、どんなに良い成分が入った歯磨き粉を使っていても、
間違った磨き方、間違った食生活習慣では虫歯になってしまいます。

そして、初期虫歯は黒くなく、歯科医師ぐらいしか認識できないので、
定期的に健診を受け、虫歯がないかチェックすることも大切です。

(正しい磨き方・親が磨く場合)
・歯ブラシは鉛筆もちで持つ
・歯磨き粉は少量
・一本一本小刻みに動かし、歯の間、裏側もしっかりと。
・一本一本時間をかけて、優しく磨く
・歯と歯の間、歯と歯茎の間は特に念入りに磨く
・フッ素など歯に良い成分を含む歯磨き粉の場合、すすぎすぎない

歯の汚れや食べかすは思ったよりもしつこく、
なかなか落とせないので、しっかり磨きましょう。

そして、食生活でも、ずっと食べっぱなしの習慣はやめましょう。

こまめに食べていると、口の中は常に虫歯菌が活動する酸性になってしまうため、
おやつ、食事の時間をしっかりと守り、
食べたらお茶やお水でしっかり食べ物が残らないようにしましょう。

虫歯菌の好物は糖類「甘い物」
甘い物は中毒性があり、子供も大好きになるので食べ過ぎないように気をつけましょう。

(特に虫歯になりやすい食べ物)
・飴
・チョコレート
・ジュース
・口の中に残る、歯にくっつくお菓子全般

物心つく前の年齢から気を付けて習慣化しましょう。

子供と動物とのふれあい

子供の成長、知育に良いものはなんでしょう?

ブロックやパズルなど手先を使って遊ぶことは、
脳の成長も促しますし、ブロックは空間認識力をアップさせます。

公園で体を動かすことも、筋肉の発達にもいいですし、
脳も刺激されますので、知育にもいいです。

そして、自然や動物と触れ合うこともとても大切です。

動物と触れ合うことは命の大切さを学習し、
人間関係にも繋がります。

認知症の治療でセラピードッグと呼ばれる訓練された犬と患者が触れ合うことで
患者のストレスが軽減し、脳の活動が活発になるそうです。

触れ合うことで手から脳に刺激を受け、
動物を優しくしよう、共感しようとすることで
優しい感受性も育ちます。

特にうさぎや猫、犬などモフモフしたさわり心地の動物は
触っていると気持ちいいと感じます。

優しさが育たないとキレやすい大人になったりする可能性もあるので、
ぜひ動物と触れ合う機会をつくってあげたいものです。

とくにおすすめの動物はウサギ。

小さくて、大きな声で鳴かないのでマンションなど集合住宅でも飼育できます。

犬のように毎日外へ散歩に行く必要がありません。

しかも何とも言えないさわり心地!
モフモフがたまりません。

エサもウサギ用のエサがペットショップで売っていますし、
お野菜でいいので、痛みにくく、
排泄物も臭いが強くありません。

なついて甘えてくれることもあります。

トイレも覚えてくれるらしいです。

「ウサギは寂しいと死んじゃうの」
「水を飲むと死んじゃうの?」
というウサギに関しての噂もありますが、
どちらもNO!

ちゃんと水を飲みます。
一人でお留守番もできます。

うさぎは現代のぴったりのペットです。

子供の成長と怪我や病気など色々な不安

子供が産まれてから、楽しみが増えたけれど、
不安も増えました。

初めての育児は育児書片手にちょっとでも気になることがあれば調べ、
育児書通りじゃなければ不安を感じ、
それ以上であれば天才だ!と喜ぶ。

大きくなった今に思えば、育児書通りじゃなくてもなんとかなる、
と、思えれるようになってきた。

でも、育児書から大きく離れていれば、
もし成長に以上があるならば早めに対処するべきと思えば、
育児書もあった方がいいと思う。

特に、熱が出た、痛そうにしているなど、
体調不良の時には100%助けられたとはいえないけれど、
助けられた気がする。

「もし、病院時間外に体調不良があれば#8000に」

と、テレビでもHPでも言われているが、
高熱が出たり、けがをしても、
藁をもすがる思いで#8000に電話してもつながったことはない。

時間外だ、電話がいっぱいだと、3回ケガや病気になって使おうとしたけど、
つながったことはなかった。

なんのための#8000?
使えなかったらあっても意味がない。

しかし、子供の回復力は凄い!

あんなにけがをして大泣きしても、
朝起きればだいぶ良くなっている。

ちょっとした怪我も、数日で治ってしまう。

一生懸命大人になるために、
子供の生命力は凄いと思う。

大人はちょっと風邪を引けば1週間も長引き、
ケガをしてもなかなか治らない。

どんなにしんどくても、子供が元気ならば付き合わなければいけない。

親にも子供の回復力をわけてもらえたらいいのに。

けがをしても、病気になっても、
子供はすくすく大きくなっていく。

だんだん自分でいろいろできるようになり、
親の手から離れてきた。

楽だなーと思う反面、
少しさみしい気もする。

成長してほしいと思う反面、
ずっと幼いままでいてほしいという気持ちもある。

幼稚園や保育園でママと離れるのがさみしくて泣いている子がいる。

親は毎朝大変だ。早く泣かないで行ってほしいと、思っていると思う。

けれど、ママがいなくなって寂しいと思うのも今だけ。

数年だけ。

きっとママと一緒にいるより、お友達といる方が楽しくなる。

そうなったら、きっとママも、
泣きながら足にしがみついていた日が』懐かしく思うでしょう。

大きくなったら、彼氏彼女の方がよくなって、
家にすら帰ってこない日がくるでしょう。

だから、ママパパ大好き!ってしがみついてくれる小さい時間を
大切にしましょう。

はげしくぐずられても、大きくなれば懐かしく思う日が来ます。

どんなにイラっときても、今だけの大事な時間ですよ。

虫歯は親が守ってあげるしかない!気を付けるべきこと

虫歯予防のコツはなんでしょうか?

フッ素やキシリトール配合の歯磨き粉で磨けばいいの?

こまめに歯磨きしていればいいの?

いいえ、どんなに良い成分が入った歯磨き粉を使っていても、
間違った磨き方、間違った食生活習慣では虫歯になってしまいます。

そして、初期虫歯は黒くなく、歯科医師ぐらいしか認識できないので、
定期的に健診を受け、虫歯がないかチェックすることも大切です。

(正しい磨き方・親が磨く場合)
・歯ブラシは鉛筆もちで持つ
・歯磨き粉は少量
・一本一本小刻みに動かし、歯の間、裏側もしっかりと。
・一本一本時間をかけて、優しく磨く
・歯と歯の間、歯と歯茎の間は特に念入りに磨く
・フッ素など歯に良い成分を含む歯磨き粉の場合、すすぎすぎない

歯の汚れや食べかすは思ったよりもしつこく、
なかなか落とせないので、しっかり磨きましょう。

そして、食生活でも、ずっと食べっぱなしの習慣はやめましょう。

こまめに食べていると、口の中は常に虫歯菌が活動する酸性になってしまうため、
おやつ、食事の時間をしっかりと守り、
食べたらお茶やお水でしっかり食べ物が残らないようにしましょう。

虫歯菌の好物は糖類「甘い物」
甘い物は中毒性があり、子供も大好きになるので食べ過ぎないように気をつけましょう。

(特に虫歯になりやすい食べ物)
・飴
・チョコレート
・ジュース
・口の中に残る、歯にくっつくお菓子全般

物心つく前の年齢から気を付けて習慣化しましょう。

(感染する虫歯菌)
最近になって「虫歯菌は感染する」と認知されて
気を付けている人も多くなってきたと思います。

しかし、しっかり予防していているつもりでも
間違っていることもあります。

自分が感染させてしまっていないか、チェックしてみましょう。

1、子供にあげる料理をフーフーしている
2、自分が食べているはしで取り分けている
3、支援センターなどのおもちゃを口にしていても注意しない
4、大人と同じコップ、ペットボトルを飲ませている

ひとつでも当てはまれば虫歯菌が感染している可能性があります。

せめて三歳まではしっかりと注意しましょう。

赤ちゃんの時から保育園に行っている、兄弟がいる子は、
どんなに頑張っても目が行き届かないことがあります。

そんな時は、家庭でお菓子をあげすぎない、
正しい歯磨きをするなど、
いっそう気を付けてあげましょう。

乳歯時期の虫歯は永久歯の虫歯につながります。

赤ちゃんの時から気をつけましょう。

子供の歯磨きやフッ素、虫歯予防などの大変さ

虫歯になったことのある方なら、おわかりでしょうが、
歯の痛みはかなり苦痛ですよね。
もっと嫌なのが、歯医者。
歯医者での治療がまた、かなり苦痛。
なんでこんなにたくさん歯を削られて、痛みに耐えなくてはいけないの?
って思いますよね。

子供にはこんな痛い思いはさせたくない!ということで、
虫歯予防にとりくんでおられる親御さんが多いようです。

歯科検診でフッ素を塗布することや、フッ素入り歯磨き粉を使うなどと
いったことで、歯を強くすることが出来るようで、2割位虫歯のリスクを
減らすことが出来るみたいです。

あとは、キシリトール入りの歯磨き粉を使うのも良いみたい。
キシリトールは虫歯菌が、糖分と間違えて吸収するのですが、
酸をつくらないし、栄養分にならないため、弱まっていくそうなのです。
これも1割~2割程度の虫歯のリスク軽減になるそうです。

あとは、3歳ころまでに虫歯菌に感染しなければ虫歯にならないというもの。
なかなか難しいですよね。うちの子でも挑戦したのですが、
なんだかんだで軽い虫歯になっちゃいました。

大人と食器をわけているし、洗う時も乾かすときも別々などきをつけていたんです。
たぶん、感染源は祖父母の家かな。一応気を付けていることを伝えたのですが、
守ってもらえていなかったんじゃないかなと。

虫歯菌って結構感染力強いんだなと思いました。

虫歯予防や歯磨き粉についてはこちらが詳しいです虫歯予防とブリアン歯磨き粉楽天Amazon価格比較

虫歯の歯の痛みをほかっておけるならほかっておきたいけれど、
ほかっておいたら、もっともっと奥深くまで虫歯が進行して、
歯の神経治療や、最悪の場合、抜歯になってしまいますよね。
差し歯やブリッジで歯をつけるわけですが、
何度も通わないといけないし、ものすごくお金がかかります。

なんかテレビで、ほとんど歯を削ることなく、レーザーによって、
歯についた虫歯菌をやっつける治療法を見たことがあって、
これいい!私もやってほしいと思ていました。

で、虫歯になった時に歯医者で、レーザー治療はやってますか?
と聞いたら、前やってたんだけど今はやめちゃったんだ。
ごめんなさいね。と言われました。

話を聞くと、このレーザー治療、保険適用のものから、保険適用外のものまで
あるらしいです。
何でレーザー治療をやめたのか?
設備装置の維持にお金がかかるから?儲からないから?
虫歯が再発することが多いから?
その辺りの点については聞くことはできませんでしたが、
やめたのには、そいうった理由があるのだと思います。

最近、神経を抜く治療をしてもらったのですが、合計で4回も通うことになりました。
削って、ふたして、ふたをとって、神経治療をして、歯の型をとって、
銀歯などの義歯を詰める。といった流れでした。
銀歯などの義歯が作られるまでには1週間かかるといわれ、合計で1か月位かかりました。

これもテレビで見たのですが、歯の形を3Dで作り、歯を自動的に削って
作り出す機械があるらしく、当日のうちに、義歯をいれることができ、
治療期間が短くて済むとのこと。これもうらやましいシステムです。
ですが、私の通っている歯医者や、周りの歯医者ではそのようなシステムを
導入している所はありませんでした。

こんな画期的な治療法・治療器具があるなら、多少お金がかかってでも
通いたいのですが、なんでこんなに普及しないのでしょうかね?すごく謎です。