子供の歯磨きやフッ素、虫歯予防などの大変さ

虫歯になったことのある方なら、おわかりでしょうが、
歯の痛みはかなり苦痛ですよね。
もっと嫌なのが、歯医者。
歯医者での治療がまた、かなり苦痛。
なんでこんなにたくさん歯を削られて、痛みに耐えなくてはいけないの?
って思いますよね。

子供にはこんな痛い思いはさせたくない!ということで、
虫歯予防にとりくんでおられる親御さんが多いようです。

歯科検診でフッ素を塗布することや、フッ素入り歯磨き粉を使うなどと
いったことで、歯を強くすることが出来るようで、2割位虫歯のリスクを
減らすことが出来るみたいです。

あとは、キシリトール入りの歯磨き粉を使うのも良いみたい。
キシリトールは虫歯菌が、糖分と間違えて吸収するのですが、
酸をつくらないし、栄養分にならないため、弱まっていくそうなのです。
これも1割~2割程度の虫歯のリスク軽減になるそうです。

あとは、3歳ころまでに虫歯菌に感染しなければ虫歯にならないというもの。
なかなか難しいですよね。うちの子でも挑戦したのですが、
なんだかんだで軽い虫歯になっちゃいました。

大人と食器をわけているし、洗う時も乾かすときも別々などきをつけていたんです。
たぶん、感染源は祖父母の家かな。一応気を付けていることを伝えたのですが、
守ってもらえていなかったんじゃないかなと。

虫歯菌って結構感染力強いんだなと思いました。

虫歯予防や歯磨き粉についてはこちらが詳しいです虫歯予防とブリアン歯磨き粉楽天Amazon価格比較

虫歯の歯の痛みをほかっておけるならほかっておきたいけれど、
ほかっておいたら、もっともっと奥深くまで虫歯が進行して、
歯の神経治療や、最悪の場合、抜歯になってしまいますよね。
差し歯やブリッジで歯をつけるわけですが、
何度も通わないといけないし、ものすごくお金がかかります。

なんかテレビで、ほとんど歯を削ることなく、レーザーによって、
歯についた虫歯菌をやっつける治療法を見たことがあって、
これいい!私もやってほしいと思ていました。

で、虫歯になった時に歯医者で、レーザー治療はやってますか?
と聞いたら、前やってたんだけど今はやめちゃったんだ。
ごめんなさいね。と言われました。

話を聞くと、このレーザー治療、保険適用のものから、保険適用外のものまで
あるらしいです。
何でレーザー治療をやめたのか?
設備装置の維持にお金がかかるから?儲からないから?
虫歯が再発することが多いから?
その辺りの点については聞くことはできませんでしたが、
やめたのには、そいうった理由があるのだと思います。

最近、神経を抜く治療をしてもらったのですが、合計で4回も通うことになりました。
削って、ふたして、ふたをとって、神経治療をして、歯の型をとって、
銀歯などの義歯を詰める。といった流れでした。
銀歯などの義歯が作られるまでには1週間かかるといわれ、合計で1か月位かかりました。

これもテレビで見たのですが、歯の形を3Dで作り、歯を自動的に削って
作り出す機械があるらしく、当日のうちに、義歯をいれることができ、
治療期間が短くて済むとのこと。これもうらやましいシステムです。
ですが、私の通っている歯医者や、周りの歯医者ではそのようなシステムを
導入している所はありませんでした。

こんな画期的な治療法・治療器具があるなら、多少お金がかかってでも
通いたいのですが、なんでこんなに普及しないのでしょうかね?すごく謎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です